Windows 11 インストールのヒント

Windows 11 言語の選択は、プリインストールされたショートカットとブロートウェアに影響を与える可能性があります。
可能な限りクリーンなバージョンを入手するには、Windows を国際英語でインストールする必要があります。
後で別の言語パックを追加することができます。

Windows 11 23H1「フランス語」バージョンの例:


「国際英語」バージョン:

Horizon 2312

主な新機能 :

Horizon 2312

  • vSphere 6.5 および 6.7 および Windows Server 2012 R2 のサポート終了
  • Sysprep を使用したゲストのパーソナライゼーションの新しいバリエーション
  • インスタント クローン Nvidia vGPU プールの VM への電力供給の一時停止
  • エージェントの自動アップグレード
  • クラスターレベルの証明書管理
  • Microsoft Teams のメディア最適化
  • Blast の EncoderSwitch のサポート終了
  • VMware Blast 向けの BuildtoLossless
  • Linux用の簡単設定ツール

App Volumes 2312

  • 新しい管理者の役割 : Application Owner

Unified Access Gateway 2312

  • SNMPv1+SNMPv2設定のcommunityNameパラメータ
  • Self-Support DEM ツールから複数のプロファイル アーカイブを一度にリセットするためのサポート

Dynamic Environment Manager 2312

  • Self-Support DEM ツールから複数のプロファイル アーカイブを一度にリセットするためのサポート

Dell Wyse Management Suite 4.2

デルは、Wyse シン クライアント管理ツールの新バージョンを提供しています。

ダウンロード: リンク

– WMSクラウド リモート シャドーイング(テクニカル プレビュー)。
– Wave Upgrade。
– WMS標準ライセンスのインストールを追跡するサポート。
– 再イメージング後にDHCアプリ ポリシーを自動的に適用するサポート。

Blast Configurator

GPO を使用する場合、Blast Extreme プロトコルの適切な値を見つけるのが面倒な場合があります。
そこで、リアルタイムで値を調整できるグラフィカル ユーティリティ (フリーウェア) を作成することにしました (UDP を除く)。
コンテキストに最適な値により、CPU/帯域幅リソースが節約され、ユーザー エクスペリエンスが向上します。
このツールでは以下を設定できます。

  • コーデックの種類
  • Blast に割り当てられた帯域幅
  • 1 秒あたりの最大フレーム数 (fps)
  • Blast ローカル キャッシュ サイズ
  • UDPプロトコル
  • H.264、BlastCodec、および Adaptive コーデックの品質 (jpg/png)

コーデックについては、私の記事を参照してください。リンク

Blast Configurator は、VMware Blast プロトコルに接続された Horizo​​n セッションでローカルに実行されます。
実行可能ファイルは大きいですが、Microsoft .NET の依存関係が含まれているため、最初にインストールする必要はありません。
機能するには、管理者として起動する必要があります。

ダウンロード: リンク

ZIP SHA-256 : b9001ec122fa4c6af43ac3952e44a445bd78f993b9b28532b3c3650ab800812c

App Volumes Tools を使用してパッケージを作成する

App Volumes Tools は、App Volumes Manager とは独立してアプリ パッケージを自動化および管理するのに役立ちます。

前提条件
クリーンで最新の Windows 10/11 仮想マシン
UAC が無効になっています
App Volumes 4.4+ ISO イメージ
パッケージ化するソフトウェア


ISO イメージを Windows VM にマウントします。
App Volumes Tools コンポーネントをインストールします。

Windows VM のスナップショットを取得します。

ソフトウェア ソースをデスクトップにコピーします。

コマンド プロンプトを開きます。
ディレクトリを次のように変更します。
C:\Program Files (x86)\VMware\AppCapture

次のコマンドを入力して、パッケージの作成を開始します :

appcapture.exe /new <パッケージ名>

新しいコマンド プロンプトが短時間開きます。

パッケージ化するソフトウェアをインストールします。

インストールが完了したら、次のコマンドを入力します。

appcapture.exe /end

仮想マシンは自動的に再起動します。

仮想マシンにログインします。
キャプチャを完了させます。

キャプチャ結果は、C:\ProgramData\VMware\AppCapture\appvhds フォルダーに vhd および vmdk 形式で保存されます。

vmdk ファイルと json ファイルを、次のフォルダー内の App Volumes Manager サーバーにコピーします。
C:\Program Files (x86)\Cloud Volumes\Manager\ppv\packages

App Volumes Manager Web インターフェイスにログインします。
[Configuration] > [Storage] > [Upload Templates] をクリックします。
新しいパッケージをアップロードする

アプリが App Volumes Manager に表示されるようになりました

スナップショットを元に戻す

HAProxy ロード バランサ

このチュートリアルでは、Connection Server Horizo​​n または App Volumes Manager のロード バランサの作成について説明します。
VMware Linux ディストリビューション: Photon OS 5.0 と、オープンソースのロード バランサー: HAProxy を使用します。

前提条件 :
Photon OS 5.0 OVA x86_64 リンク
2 GB RAM / 16 GB HDD
1 IPアドレス


vSphere インフラストラクチャ上に OVA を導入する

アプライアンスを展開したら、電源をオンにします。
アプライアンスは DHCP にあり、root アカウントとパスワード changemeを使用して SSH 経由で接続します。
パスワードを変更します (必須)。

コマンドでパッケージの更新を開始します tdnf upgrade -y

ファイルを編集してイーサネット カードの DHCP を無効にします /etc/systemd/network/99-dhcp-en.network
DHCP=no

仮想マシンに固定IPアドレスを設定するには、ファイルを作成します。 /etc/systemd/network/10-static-en.network
次のコンテンツを追加します。

[Match]
Name=eth0
[Network]
Address=<AdresseIP_de_HAProxy>/24     
Gateway=<AdresseIP_Gateway>
DNS=<AdresseIP_DNS>
[DHCP]
UseDNS=false

拡張子が .network の構成ファイルを作成した後、chmod コマンドを実行して権限を 644 に設定する必要があります。

chown systemd-network:systemd-network /etc/systemd/network/10-static-en.network

新しい名前付きファイルを作成する /etc/sysctl.d/55-keepalived.conf
次のコンテンツを追加します。

#Enable IPv4 Forwarding
net.ipv4.ip_forward = 1
#Enable non-local IP bind
net.ipv4.ip_nonlocal_bind = 1

/etc/systemd/scripts/ip4save ファイルを編集する
次の 4 行を追加します。

-A INPUT -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp --dport 443 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp --dport 8404 -j ACCEPT

コマンドを使用して HAProxy をインストールします tdnf install haproxy -y

HAProxy 用の新しいディレクトリを作成して chroot します。

mkdir /var/lib/haproxy
chmod 755 /var/lib/haproxy

サンプル HAProxy 構成ファイルの名前を変更します。

mv /etc/haproxy/haproxy.cfg /etc/haproxy/haproxy.old

新しいファイル /etc/haproxy/haproxy.cfg を作成します
次の内容をコピーし、強調表示されたフィールドを編集します。

# HAProxy configuration

                #Global definitions
                global
                chroot /var/lib/haproxy
                stats socket /var/lib/haproxy/stats
                 daemon

                defaults
                 timeout connect 5s
                 timeout client 30s
                 timeout server 30s

                ### Configuration des statistiques ###
                userlist stats-auth
                 group admin   users admin
                 user admin insecure-password Horiz0n
                 group ro users stats
                 user stats insecure-password ReadOnly
                frontend stats-http8404
                mode http
                bind <IP_HAProxy>:8404
                default_backend statistics
                backend statistics
                mode http
                stats enable
                stats show-legends
                stats show-node
                stats refresh 30s
                acl AUTH http_auth(stats-auth)
                acl AUTH_ADMIN http_auth_group(stats-auth) admin
                stats http-request auth unless AUTH
                stats admin if AUTH_ADMIN
                stats uri /stats
                ######

                ### Horizon Connection servers ###
                frontend horizon-http
                mode http
                bind <IP_HAProxy>:80
                # Redirect http to https
                redirect scheme https if !{ ssl_fc }

                frontend horizon-https
                mode tcp
                bind <IP_HAProxy>:443
                default_backend horizon
                backend horizon
                mode tcp
                option ssl-hello-chk
                balance source
                server CS1 <IPConnSrv1>:443 weight 1 check inter 30s fastinter 2s downinter 5s rise 3 fall 3
                server CS2 <IPConnSrv2>:443 weight 1 check inter 30s fastinter 2s downinter 5s rise 3 fall 3
######

次のコマンドを入力して、再起動するたびに HAProxy を永続化します。

systemctl enable haproxy.service

Photon OS アプライアンスを再起動します。

reboot

HAProxy が動作できるようになりました。

ロード バランサ経由で接続するときに 421 Unknown エラーが表示される場合は、Horizo​​n Console の各接続サーバに HAProxy の IP アドレスまたはホスト名を追加する必要があります。

HAProxy サービスのステータスを確認するには、次のコマンドを使用します。

systemctl status haproxy.service

HAProxy 統計を取得するには、/etc/haproxy/haproxy.cfg ファイルで定義されたパスワードを使用して次の URL に接続します。:

http://<AdresseIP_HAProxy>:8404/stats

Nvidia vGPU Software 16.2

このバージョンによってもたらされた新機能は次のとおりです

  • Horizon 2309 support
  • セキュリティ更新 – セキュリティ情報: NVIDIA GPU ディスプレイ ドライバー – 2023 年 10 月を参照してください。これは、このソフトウェアのリリース日の直後に投稿され、NVIDIA 製品セキュリティ ページにリストされています。
  • その他のバグ修正

Horizon 2309

主な新機能 :

Horizon 2309

  • When configuring Session Load Distribution for a CPA Global Entitlement, administrators can now choose to distribute based on Load Index as an alternative to Session Count
  • Admins can now use the UI to recreate desktops from detached persistent disks
  • Media Optimization for Microsoft Teams offers give and take control of individual application sharing in VDI and RDSH desktop sessions for VMware Blast display protocol
  • For the Storage Drive Redirection feature, you can control read/write permissions of the shared drive on the agent side by setting the string value of the Windows registry key
  • Blast Extreme protocol now supports Indirect Display Driver Class Extension version 1.6 and newer
  • Horizon Agent is now supported on physical Linux machines

App Volumes 2309

  • Fast Attach for VMDK Packages (vSphere 8.0 Update 2 Required)
  • Amazon AppStream 2.0 Support

Unified Access Gateway 2309

  • Added disk usage statistics to the log archive for troubleshooting purposes.
  • Logging improvements.
  • Updates to Photon OS package versions and Java versions.

Dynamic Environment Manager 2309

  • Dynamic configuration of Horizon storage drive redirection for users
  • Support for configuring non-policy locations in ADMX-based settings
  • Ability to apply registry settings without users having access to registry editing tools

現在のユーザーとしてログインするにはパスワードが必要です

Horizo​​n Client では、ユーザー/パスワードを入力せずに接続サーバに接続できます。

「現在のユーザーとしてログイン」オプションを有効にすることで、Horizon Clientは認証に Windows 認証情報を再利用できます。

接続に依然としてパスワードが必要な場合は、サーバー側で機能が有効になっていない可能性があります。

これをアクティブにするには、Horizo​​n Console にアクセスする必要があります。

[設定] で [サーバ] をクリックし、[Connection Server] タブに移動します。

接続サーバーを変更し、「認証」タブに移動します。

「現在のユーザーとしてのログインを受け入れる」ボックスにチェックを入れます

すぐに考慮されます!

Intel GPU Flex Series

VDI グラフィックス アクセラレーションの世界では、仮想デスクトップで一般的に使用される Nvidia GPU の代替となる、Intel Data Center GPU Flex Series GPU があります。

現在、Horizo​​n 8 および vSphere 8.0 と互換性のある Flex 140 と 170 の 2 つのモデルがあります。

Nvidia GPU とは異なり、Flex Series GPU にはライセンスが必要ないため、TCO が削減され、管理が簡素化されます。

Benchmark Intel
Benchmark Intel

vGPU はグラフィック アプリケーションのワークロード専用であるだけでなく、生産性向上ツール (Microsoft Teams、Office 365、WebGL、Youtube など) を高速化し、Blast プロトコルのエンコードから CPU を解放することも可能にします。

Page 1 of 3

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén