カテゴリー: Non classé Page 1 of 3

Windows 11 インストールのヒント

Windows 11 言語の選択は、プリインストールされたショートカットとブロートウェアに影響を与える可能性があります。
可能な限りクリーンなバージョンを入手するには、Windows を国際英語でインストールする必要があります。
後で別の言語パックを追加することができます。

Windows 11 23H1「フランス語」バージョンの例:


「国際英語」バージョン:

Horizon 2312

主な新機能 :

Horizon 2312

  • vSphere 6.5 および 6.7 および Windows Server 2012 R2 のサポート終了
  • Sysprep を使用したゲストのパーソナライゼーションの新しいバリエーション
  • インスタント クローン Nvidia vGPU プールの VM への電力供給の一時停止
  • エージェントの自動アップグレード
  • クラスターレベルの証明書管理
  • Microsoft Teams のメディア最適化
  • Blast の EncoderSwitch のサポート終了
  • VMware Blast 向けの BuildtoLossless
  • Linux用の簡単設定ツール

App Volumes 2312

  • 新しい管理者の役割 : Application Owner

Unified Access Gateway 2312

  • SNMPv1+SNMPv2設定のcommunityNameパラメータ
  • Self-Support DEM ツールから複数のプロファイル アーカイブを一度にリセットするためのサポート

Dynamic Environment Manager 2312

  • Self-Support DEM ツールから複数のプロファイル アーカイブを一度にリセットするためのサポート

Blast Configurator

GPO を使用する場合、Blast Extreme プロトコルの適切な値を見つけるのが面倒な場合があります。
そこで、リアルタイムで値を調整できるグラフィカル ユーティリティ (フリーウェア) を作成することにしました (UDP を除く)。
コンテキストに最適な値により、CPU/帯域幅リソースが節約され、ユーザー エクスペリエンスが向上します。
このツールでは以下を設定できます。

  • コーデックの種類
  • Blast に割り当てられた帯域幅
  • 1 秒あたりの最大フレーム数 (fps)
  • Blast ローカル キャッシュ サイズ
  • UDPプロトコル
  • H.264、BlastCodec、および Adaptive コーデックの品質 (jpg/png)

コーデックについては、私の記事を参照してください。リンク

Blast Configurator は、VMware Blast プロトコルに接続された Horizo​​n セッションでローカルに実行されます。
実行可能ファイルは大きいですが、Microsoft .NET の依存関係が含まれているため、最初にインストールする必要はありません。
機能するには、管理者として起動する必要があります。

ダウンロード: リンク

ZIP SHA-256 : b9001ec122fa4c6af43ac3952e44a445bd78f993b9b28532b3c3650ab800812c

Nvidia vGPU Software 16.2

このバージョンによってもたらされた新機能は次のとおりです

  • Horizon 2309 support
  • セキュリティ更新 – セキュリティ情報: NVIDIA GPU ディスプレイ ドライバー – 2023 年 10 月を参照してください。これは、このソフトウェアのリリース日の直後に投稿され、NVIDIA 製品セキュリティ ページにリストされています。
  • その他のバグ修正

Horizon 2309

主な新機能 :

Horizon 2309

  • When configuring Session Load Distribution for a CPA Global Entitlement, administrators can now choose to distribute based on Load Index as an alternative to Session Count
  • Admins can now use the UI to recreate desktops from detached persistent disks
  • Media Optimization for Microsoft Teams offers give and take control of individual application sharing in VDI and RDSH desktop sessions for VMware Blast display protocol
  • For the Storage Drive Redirection feature, you can control read/write permissions of the shared drive on the agent side by setting the string value of the Windows registry key
  • Blast Extreme protocol now supports Indirect Display Driver Class Extension version 1.6 and newer
  • Horizon Agent is now supported on physical Linux machines

App Volumes 2309

  • Fast Attach for VMDK Packages (vSphere 8.0 Update 2 Required)
  • Amazon AppStream 2.0 Support

Unified Access Gateway 2309

  • Added disk usage statistics to the log archive for troubleshooting purposes.
  • Logging improvements.
  • Updates to Photon OS package versions and Java versions.

Dynamic Environment Manager 2309

  • Dynamic configuration of Horizon storage drive redirection for users
  • Support for configuring non-policy locations in ADMX-based settings
  • Ability to apply registry settings without users having access to registry editing tools

現在のユーザーとしてログインするにはパスワードが必要です

Horizo​​n Client では、ユーザー/パスワードを入力せずに接続サーバに接続できます。

「現在のユーザーとしてログイン」オプションを有効にすることで、Horizon Clientは認証に Windows 認証情報を再利用できます。

接続に依然としてパスワードが必要な場合は、サーバー側で機能が有効になっていない可能性があります。

これをアクティブにするには、Horizo​​n Console にアクセスする必要があります。

[設定] で [サーバ] をクリックし、[Connection Server] タブに移動します。

接続サーバーを変更し、「認証」タブに移動します。

「現在のユーザーとしてのログインを受け入れる」ボックスにチェックを入れます

すぐに考慮されます!

Intel GPU Flex Series

VDI グラフィックス アクセラレーションの世界では、仮想デスクトップで一般的に使用される Nvidia GPU の代替となる、Intel Data Center GPU Flex Series GPU があります。

現在、Horizo​​n 8 および vSphere 8.0 と互換性のある Flex 140 と 170 の 2 つのモデルがあります。

Nvidia GPU とは異なり、Flex Series GPU にはライセンスが必要ないため、TCO が削減され、管理が簡素化されます。

Benchmark Intel
Benchmark Intel

vGPU はグラフィック アプリケーションのワークロード専用であるだけでなく、生産性向上ツール (Microsoft Teams、Office 365、WebGL、Youtube など) を高速化し、Blast プロトコルのエンコードから CPU を解放することも可能にします。

vGPU VM の DRS バランス

vSphere 8.0 U2 以降、vSphere DRS のロード バランシング機能を使用して、クラスタ上の vGPU を使用して仮想マシンのバランスをとれるようになりました。
ESXi ホストがメンテナンス モードになると、VM の移行が自動化されます。

この機能を有効にするには、詳細な DRS 設定に 2 つの変数を追加する必要があります。
PassthroughDrsAutomation = 1
LBMaxVmotionPerHost = 1

この設定により、VMotion によるブロック時間 (スタン時間) が 100 秒を超えない VM を移行できるようになります。

スタン時間が「vMotion スタン時間制限」(デフォルトでは 100 秒) を超える vGPU 仮想マシンの場合、次の高度なクラスター DRS オプションを追加できます。

オプション: VmDevicesStunTimeTolerated
値:(デフォルトは100秒)

⚠️ 現在、Nvidia GRID 16 のドキュメントでは、DRS を手動モードまたは部分自動モードで構成する必要があると指定されています…

Update : vSphere 8.0 Update 2

vSphere 8 Update 2 では、バージョン 21 仮想ハードウェアによる GPU 管理に関して新しい機能が導入されています。

仮想マシンあたりの vGPU の最大数が 16 に増加します。

Horizon 2306 upgrade : Error 421 Unknown

Horizo​​n ポッドをバージョン 2306 にアップグレードする場合、Horizo​​n クライアントまたは Horizo​​n コンソールで HTML5 にアクセスすると 421 エラーが発生する場合があります。

アップグレード中に LDAP エラーが表示されるため、この問題は接続レプリカ サーバーの更新にも影響します。
repadmin コマンドでもレプリケーション エラーを確認できます。

LDAP n’est pas prêt pour une mise à niveau. Des problèmes de réplication sont associés au serveur.
LDAP is not ready for an upgrade

この問題を解決するには、各接続サーバの locked.properties ファイルに変数を追加する必要があります。

このファイルは、接続サーバの C:\Program Files\VMware\VMware View\Server\sslgateway\conf フォルダにあります。 存在しない場合は作成する必要があります。

次の変数を追加します。
portalHost.1=connectionserver_fqdn.domain.local

ロード バランサーを使用する場合は、以下も追加します。
BalancedHost=loadbalancer_url.domain.local

VMware Horizo​​n View Connection Server サービスを再起動して、変更を適用します。

Page 1 of 3

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén